キヤンファーマ袋井工場

キヤンファーマ袋井工場は、1971年、日本ロシュ株式会社のビタミンB2原末の世界最大の製造拠点として設立されました。2016年、KIYAN PHARMA株式会社は、同工場を株式会社エーピーアイコーポレーションより譲り受けました。

現在、袋井工場では、天然アミノ酸である5-ALAの様々な用途に応じた原体製造及び、その他医薬品原薬・中間体の受託製造拡大を進めております。

施設規模と設備

敷地面積は約118,892平方メートル(約36,000坪)で、広大な工場敷地内には多数の建物と設備が配置されています。建物面積は約12,000平方メートルに及び、各種生産設備が整然と設置されています。

原料や製品を保管するための倉庫設備は総面積約4,600平方メートルあります。原料倉庫が723平方メートル、製品倉庫が805平方メートルあり、さらには屋外にも危険物を安全に保管できる施設が設けられています。

環境設備において、排水処理設備が完備されており、一次処理、活性汚泥法、活性炭ろ過などを用いて工場から排出される水質の浄化を徹底しています。これにより、工場周辺の自然環境への影響を最小限に抑え、持続可能な製造活動を支えています。

施設概要

  • 敷地面積
    118,892m2(約36,000坪)

  • 建物面積
    約12,000m2

  • 製造設備
    約4,300m2

  • 倉庫設備
    約4,600m2
    原料倉庫 723m2
    製品倉庫 805m2
    屋外危険物置き場(11倍×1、13.8倍×1)

  • 環境設備
    緑地面積 約52,400m2
    排水処理設備(一次処理、活性汚泥、活性炭ろ過)
    汚泥減容化設備
    排水池水庭園 1,680m2、雨水調整池 1,200m2

所在地

袋井工場

  • 住所
    〒437-0061
    静岡県袋井市久能3056
    ※JR(東海道本線)「袋井駅」より約3.5km

5-ALA 工業生産に成功した技術

多くのアミノ酸は単純に鎖状に結合してたんぱく質の原料となるもので、たんぱく質を分解しても作ることができます。

しかし、5-アミノレブリン酸 (5-ALA) がポルフィリンに変化するときの結合は特殊で、葉緑素やヘムを分解しても5-アミノレブリン酸 (5-ALA) を得ることはできません。

安価に供給できる工業的生産法として、光合成細菌と呼ばれる、「葉緑素を大量に合成することのできる微生物」の改良研究を進め、発酵による5-アミノレブリン酸 (5-ALA) 合成法の開発に成功しました。

企業情報

会社概要・沿革

KIYAN PHARMA株式会社は、天然アミノ酸5-ALAを用いた新薬開発や、医薬品原薬・中間体の受託製造拡大を進めていきます。

企業理念

継続的なイノベーションで、5-ALAが持つ可能性を追求し、世界に健康で豊かな生活をもたらす革新的なヘルスケア製品を届けます。

代表ご挨拶

長年にわたる5-ALAの研究開発と科学的知見を基に、5-ALAを扱う先端企業として、グローバルヘルスケアに貢献してまいります。

キヤングループについて

私たちの製品やサービスが日々の生活において欠かせないものとなり、人々の健康を支える基盤となることを目指しています。

キヤンファーマ袋井工場

様々な用途に向けた5-ALAを製造し、また、医薬品原薬・中間体の製造拡大に取り組みます。

よくあるご質問

皆様から頻繁に寄せられるご質問と回答をFAQにまとめております。お探しの質問事項が見つからない場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

電子公告

最新の公式情報を迅速に提供致します。すべてのステークホルダーに向けた重要な通知を掲載しています。

KIYAN PHARMAの事業に対して、
ご興味がありますか?

KIYAN PHARMAの事業に対して、
ご興味がありますか?

ヘルスケアや医療関係者、投資家や報道関係者の方は、メールフォームに必要事項をご入力の上、お気軽にご連絡ください。各担当者より、折り返しご連絡させていただきます。