医薬品原薬・中間体の受託製造事業

医薬品原薬・中間体の受託製造事業は、医薬品開発企業が自社で製造設備を持たず、製造プロセスを外部の専門企業に委託するビジネスモデルです。この事業モデルは、高い設備投資と運営コスト、厳格な規制遵守が必要な医薬品業界において、リソースの効率化やコスト削減、リスクの分散を可能にします。

原薬(API: Active Pharmaceutical Ingredients)は医薬品の効果を担う主要成分であり、中間体はその原薬を製造する過程で生産される化合物です。

GMP(Good Manufacturing Practice)基準に準拠

医薬品原薬・中間体の製造では、GMP(Good Manufacturing Practice)に対応した生産システムで厳しい管理体制のもと実施しています。前臨床から商業生産に至る各ステージでの製造プロセスの開発を行います。約118,892㎡(約 36,000坪)の敷地面積に建物面積約 12,000 ㎡、生産設備約 4,300㎡、倉庫設備約 4,600 ㎡ 、緑地面積 約 52,400㎡の規模であり、将来に向け発展可能な余地を充分に持ち備えています。

キヤンファーマ事業一覧

5-ALA製造事業

医薬品、健康食品、化粧品、肥料、飼料など、用途別に求められる品質に沿った5-ALAを製造しています。

医薬品原薬・中間体の受託製造事業

袋井工場では5-ALAのみならず、医薬品原薬・中間体の受託製造拡大を進めています。

化粧品事業

5-ALAを配合したサプリメントやスキンケア製品など、5-ALAを用いて消費者の美容と健康をサポートします。

肥料・飼料・アニマルヘルス事業

5-ALAを活用した動物の健康維持や植物の成長促進に貢献する製品の開発・提供を行っています。

新薬開発事業

感染症や生活習慣病などの疾患を対象とする新薬開発の他、臨床試験等で取得したデータの提供等ライセンス事業を展開します。

KIYAN PHARMAの事業に対して、
ご興味がありますか?

KIYAN PHARMAの事業に対して、
ご興味がありますか?

ヘルスケアや医療関係者、投資家や報道関係者の方は、メールフォームに必要事項をご入力の上、お気軽にご連絡ください。各担当者より、折り返しご連絡させていただきます。