5-ALA製造事業

キヤンファーマ袋井工場

5-ALAは、医薬品以外にも、肥料、飼料、健康食品、化粧品まで幅広い用途で使用されています。キヤンファーマ袋井工場は、5-ALAのマザー工場として、日本で5-ALAを製造している唯一の工場です。

袋井工場設立の歴史

キヤンファーマ袋井工場は、1971年に日本ロシュ株式会社によって静岡県袋井市に設立されました。この工場は当時、世界で最も大規模なビタミンB2の製造拠点であり、その製造能力で業界内の注目を集めていました。

KIYAN PHARMA株式会社は、2016年に株式会社エーピーアイコーポレーションより同工場を譲り受け、工場の製造設備を取得。医薬品原薬・中間体の製造のみならず、5-ALAの生産拠点としても役割を強化しました。

5-ALAの製造

5-ALAは医薬品原薬のほか、健康食品や化粧品原料としても使用されることから、その生産量の拡大が図られています。

この5-ALAの製造過程には特殊な発酵技術が用いられており、光合成細菌を用いた高品質な5-ALAを効率良く生産しています。この技術により、純度が高く安定した品質の5-ALAを大量生産することが可能となっています。

5-ALA製造工程

発酵、精製、結晶化の三つの主要なステップ

光合成細菌を用いた発酵プロセスが5-ALA製造の第一段階です。バクテリア (光合成細菌) を増殖させ、5-ALAをつくらせます。

バクテリアと5-ALAを分離させ、濃縮、不純物を取り除き精製します。

精製したものを結晶化させます。

5-ALAの工業生産技術

5-ALAの工業生産では、光合成細菌を活用した発酵プロセスが核となります。このプロセスでは、袋井工場が持つ大きな発酵槽で光合成細菌(バクテリア)を増殖させ、5-ALAを生産させます。

袋井工場では、5-ALAの精製、結晶化の技術も完成させており、この5-ALAは医薬品のみならず、健康食品や化粧品等の原料としても非常に価値が高いです。

5-ALA製造事業の拡大

5-ALAはその機能性から「生命の根源物質」とも称され、エネルギー生成に必須のアミノ酸として体内で重要な役割を担っています。

5-ALAは、医薬品、健康食品、化粧品、肥料、飼料まで様々な用途で使用されており、用途に応じた5-ALAの規格と品質が求められるため、袋井工場では製造プロセスと品質管理を徹底しています。これにより、国内外の市場での需要拡大に対応し、高品質な5-ALA製品を提供します。

袋井工場は5-ALAのマザー工場としての機能を果たし、その規模拡大を進めていきます。

キヤンファーマ事業一覧

5-ALA製造事業

医薬品、健康食品、化粧品、肥料、飼料など、用途別に求められる品質に沿った5-ALAを製造しています。

医薬品原薬・中間体の受託製造事業

袋井工場では5-ALAのみならず、医薬品原薬・中間体の受託製造拡大を進めています。

化粧品事業

5-ALAを配合したサプリメントやスキンケア製品など、5-ALAを用いて消費者の美容と健康をサポートします。

肥料・飼料・アニマルヘルス事業

5-ALAを活用した動物の健康維持や植物の成長促進に貢献する製品の開発・提供を行っています。

新薬開発事業

感染症や生活習慣病などの疾患を対象とする新薬開発の他、臨床試験等で取得したデータの提供等ライセンス事業を展開します。

KIYAN PHARMAの事業に対して、
ご興味がありますか?

KIYAN PHARMAの事業に対して、
ご興味がありますか?

ヘルスケアや医療関係者、投資家や報道関係者の方は、メールフォームに必要事項をご入力の上、お気軽にご連絡ください。各担当者より、折り返しご連絡させていただきます。